Circulo de musica folclorica de la Universidad de Tokio

(左)ケーナ (右)ケナーチョ

(左)ケーナ (右)ケナーチョ

ケーナ・ケナーチョ Quena y Quenacho

 ケーナは南米の民族楽器を代表する楽器です。フォルクローレの有名曲「コンドルは飛んでいく」などでその音色を聴いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この楽器は、長さ35センチくらいの円筒形の筒に吹き口を削り、表に6個、裏に1個穴をあけただけの楽器です。この簡単な作りにも関わらず、高く澄んだ音色で、3オクターブもの音域があり、多くの曲で主役を受け持つことになります。

 ケーナを作るのによく使われるのは、カーニャという南米の葦ですが、木製のものや、竹、骨などでできたものもあります。竹や塩ビ管などは日本でも簡単に手に入りますから、ケーナが吹けるようになったら、自分オリジナルのケーナを作ってみるのもいいでしょう。実際に五月祭では、私たちが竹から制作したケーナを販売しています。市販のものに比べると安価にお求めいただけますので、興味のある方はぜひお越しください。

 一般的なケーナは、G管で、(ソラシドレミファ#ソ)の音が出ます。ケーナより少し長いものがケナーチョで、ケーナより低い音が出ます。ケナーチョはD管(レミファ#ソラシド#レ)です。ケナーチョはケーナより長いため穴を押さえるのも一苦労です。その他にも、ケナーチョより長いハッチャケーナや、ケーナをさらに短くしたケニージャなどいろいろな長さのケーナがあります。特にハッチャケーナは(物理的に)吹ける人が限られるため、使われることはごく稀です。また、F管など調の違うケーナもありますが、ケーナでは穴を半分押さえることによって半音を出せるので、あまり使われません。

 ケーナの吹き方は、フルートや尺八と同じといわれています。まず、下唇を手前に引くように左右に広げて上唇と下唇の間に隙間を作ります。そして、その隙間から吹き口をめがけて息を出すと音が鳴ります。ただ、唇の形や、息の量、当てる位置が悪ければ音は出なかったり、鳴ってもかすれたりするでしょう。ケーナの吹き方の8割はうまく息があてられるかにかかっています。高音になるほど、息をたくさん強く出さなければならないので、きれいな音を出せるようになるにはかなりの練習が必要です。練習しているとどんどん音が出るようになってくるのでそれだけでも楽しいものです。最初は息の使い方がわからず酸欠で頭がくらくらすることもあるでしょう。この「くらくら感」がたまらないのですが、「くらくら」しすぎて階段で転ぶこともあるので気をつけましょう。音が出せるようになったら自分の音にこだわってみましょう。自分の音が出せるようになったら本当のケーナ吹きです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンポーニャ Zampoña

 サンポーニャはいろいろな長さの管を束ねて音階を構成する南米の民族楽器です。ケーナと同様数千年の歴史があり、現地のインディオの言葉ではシーク/シクーリ(アイマラ語)、アンタラ(ケチュア語)とも言います。

 小さいものから順に、イカ(チュリ)、マルタ、サンカ、トヨとありますが、それぞれ2枚1組になっており、セットにして、イカス、マルタス、サンカス、トヨスと呼ばれます。基本的には、7管+6管で、下の図のような音階をしています。Em(G)調のサンポーニャでは片方がミソシレ…という並びなのに対し、もう片方は端からレファ#ラドミ…と交互に並んでいます。もっとも、現代的な曲を吹くにはこれでは音域が足りないので、売られているサンポーニャは、高い方や低い方に管が付け加えられているのが普通です。

サンポーニャの音の並び方

サンポーニャの音の並び方



 1枚で完結しているサンポーニャもあり、単純にレミファ#ソラ…と並んでいるもの(これをアンタラと呼ぶこともあります)の他に、細く短い管が隣同士和音になるように束ねられている、ロンダドールという種類のサンポーニャもあります。

 2枚重ねて吹くというのはパンフルートのなかでも難しいとされているらしいのですが、サンポーニャではさらに、ド#レ#ファ♮ソ#ラ#...と並んだものをもう1枚重ねて3枚で吹くという荒技を使います。しかし、2枚を2人の人が持って交互に吹くというのが本来の演奏法で、「コンテスタード」と呼ばれます。

 吹くときの持ち方は、左側が低音になる持ち方は西洋音階式で、右側が低音になるのがインカ音階式ですが、基本的にはやりやすい方でかまいません。吹き方は、よく「ビール瓶を吹いてならすように」といわれ、最初のタンギングを強くしつつ、となりの管などに息が漏れないようにし、それを持続するように吹くのです。かなり強く吹くので、上級者でもよく酸欠に陥ります。

 苦労する割に目立たないと思われがちですが、フォルクローレの管楽器の二大巨頭の一つであり、単独で主旋律を担当することも多く、その見た目から街頭演奏等でももっとも人目を引くようです。始めのうちはなかなか音が出ないでしょうが、うまくなれば様々な音色が出せるようになります。
是非試してみてください。


タルカ

タルカ Tarka

 タルカはボリビア高地の農村で、雨期のお祭りに使われる楽器です。木製の縦笛で、息を吹き込めば音が出ます。息の強さによって低い音と高い音、そしてそれらが混ざり合った音が出るのですが、この「高音と低音が混ざり合った音」が正しいタルカの音とされています。

 大小2種類があり、等間隔に6つの穴があいています。そのため西洋音階では表すことのできない不思議な音階をつくり出しているのです。また大と小では完全5度離れていて、一緒に吹くとそのえもいわれぬハーモニーがあなたを魅惑の世界へと誘います。そんなタルカが民音の中でマイナーな存在になってしまっているのは、タルカが主に「アウトクトナ」と呼ばれる伝統音楽に用いられ、現代的な曲にはほとんど用いられないためです。しかし、サークルのイベントの際にたまに演奏され、タルカの妖しい魅力にとりつかれている人も一定数いるようです。

    
Translate »