Circulo de musica folclorica de la Universidad de Tokio

チャランゴ Charango

 南アメリカ大陸を征服したスペイン人が持ち込んだギターを、現地のインディオがまねして作った楽器がチャランゴです。しかし形はギターというよりもウクレレなどに似ていて、小さく可愛らしいものです。元々胴の部分はアルマジロの甲羅で作られていましたが、現在は希少種保護のために木で作られることがほとんどです。

 チャランゴは非常に張力の強い弦が2本1組で5組、計10本張られており、上からソドミラミという音で並んでいます。音域は高くギターの開放弦の最高音がチャランゴの最低音と同じでその上の2オクターブをカバーしています。弾き方はギターと同じで、すべての弦をジャランと鳴らすコード奏法が主体です。フォルクローレにおいて、チャランゴはリズム楽器としての性格が強く、演奏者には正確なリズムキープが要求されます。コードによる演奏の他にも激しくかき鳴らしたり、弦を一本ずつ爪弾いたり、アルペジオのような繊細な演奏方法があったりと、バラエティー豊かな楽器なので、おもしろいだけでなく、演奏者の個性が表れやすいともいえるでしょう。それでも物足りないという人は弦楽器だけの曲を聴いて自分だけの弾き方を見つけてみるのも良いかもしれません。

 チャランゴは見た目通り結構もろい楽器です。上で書いたように弦の張力が非常に強いため、共鳴板と弦を結ぶコマがバーンと飛んだり、ひどいときには共鳴板ごと取れてしまったりということがあるそうです。あちこちぶつけたり落としたりしないよう注意して扱いましょう。 価格も民音で使う楽器の中では高めですが、一生モノの楽器になると思えば割安です。

 ケーナやサンポーニャほど主旋律を担うことはありませんが、音が高いので、演奏中も比較的よく音が聞こえますし、フォルクローレにはちゃんとチャランゴだけの見せ場を含む曲が多いので、練習しがいがあります。一通りのコードとリズムを覚えてしまうと、演奏できる曲があっという間に増えるのでがんばりましょう。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ギター Guitarra

 ユニークなものが多いフォルクローレの楽器の中で、この何の変哲もないクラシックギターが楽器の一つとして数えられることに驚きを覚える人がいるかも知れません。フォルクローレにおけるギターの役割は、ストロークによってリズムを刻んだり、ベースやアルペジオ、爪弾きなどをこなしたり様々ですが、ケーナやチャランゴといったフォルクローレの花形楽器の裏に隠れてなかなか目立つことができません。また、ギターを手にとった始めの頃は、汚い音しか出せない、指が早く動かない、指が痛い、などの壁にぶつかることでしょう。また、フォルクローレ独特のリズムを会得するのも大変です。

 しかし、そんな苦労の多そうに見えるギターも、慣れてくれば色々な曲をこなせるようになり、あらゆる場面で活躍します。普段は演奏を伴奏で支え、時には鋭いベースや爪弾きで魅せる…その楽しさは他の楽器では味わえないものです。初心者向きでありながら奥行きも深く、いちばんよく使われているクラシックギターだけに、工夫次第では一つの曲でも千変万化の表現が可能です。さらに腕を磨いて、チャランゴやケーナとの二重奏やギターソロで聴衆を魅了することもできる他に、フォルクローレの外でも活躍できる、まさに万能の楽器と言っても過言ではないでしょう。

 さあ、ギターを手に取ってみて下さい。初めは辛いながらも、少しでもその魅力を見い出せたなら、あなたも近い将来、きっと演奏の屋台骨を担う影の技巧師となれるでしょう。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロンロコ&ワライチョ Ronrroco y Walaycho

 2つともチャランゴに似た楽器で、ロンロコはチャランゴよりも一回り大きく、ワライチョは一回り小さいものです。

 ロンロコはチャランゴと同じように調弦されますが、弦によってオクターブ違いの弦があり、深みのある音が出せます。日本でも著名な、ボリビアのカルカスというグループが考案した楽器で、彼らの曲に多用されていますが、それ以外ではあまり用いられていないようです。

 ワライチョはチャランゴよりも高く調弦され、曲に応じてチャランゴの3度上や5度上にするそうですが、普段の演奏では滅多に使いません。

    
Translate »